MENU

チョークアートとは

学校の白チョークではなく、黒板にクレヨンに似たオイルパステルと言う画材を使って指で描く温もりのあるアートです。

詳しくはこちら

オーダーメイド製作

結婚式で大事なゲストをお迎えする「ウェルカムボード」や出産のお祝い、ペットの似顔絵、店舗の看板など大切な時間を彩るお手伝いをいたします。

詳しくはこちら

教室

趣味でチョークアートを初めてみたい方から技術をしっかり身につけたい方まで、たくさんの人に楽しんでいただける教室を用意しております。

詳しくはこちら

宝塚のちいさなチョークアート工房 Chalk Asobi

パソコンやiPadで誰でも簡単に絵が描ける今だからこそ、
手描きがの良さを伝えたい。
そんな思いからChalk Asobiを立ち上げました。
手描きならではの味わいあるタッチ、伝えたいものを正確に捉え
見るものの心を刺激するデザイン。
私たちが宿す力を1枚ずつ丁寧に絵に込めて。
描くことで社会に貢献する、それがChalk Asobiのやりたいことです。

活動内容

チョークアートの作品製作
オーダー製作(結婚式のウェルカムボード/ペットの似顔絵/店舗看板等)
チョークアート教室
ワークショップ
☆関西を中心に活動中

講座実積(アシスタント参加含む)
・グランフロントくらしの大学チョークアート講座
・MBSハウジング香芝住宅展示場様
・ザ・サンクタスタワー RAPPORTIA CAFE&BAR様
・三井生命保険株式会社様
・ベルコ宝塚支部様

オーダー製作実積
・トータルビューティーサロンMANSIKKA様
・miishu様
・神戸北鹿の子台洋裁教室様
・Vient様
・ベルコ宝塚支部様
その他、個人のお客様に向けた似顔絵、結婚式のウェルカムボードなどを製作しております。

イベント
・ワークショップ出店
・清荒神表参道手作り市
・神戸ハーバーマーケット
・三田マルシェ
・新開地マルシェ
・姫路エグレットマルシェ
・川西クリエイトフェスタ
・アートダイブ
・クラフトマーチin川西
・森の大作戦
・The Farm Halloween Fes
・トア山手マルシェ
・木洩れ陽の時間in堺

その他/メディア出演等
・FM宝塚『とれたて!街角リポート』

店主プロフィール

藤田直子
1984年5月生まれ
兵庫県宝塚市在住
大阪デザイナー専門学校 アートイラストレーション科 卒業

2013年 指先で伸ばして鮮やかなグラデーションを作り出す手法のチョークアートに出会いました。そこから、CAA日本チョークアーティスト協会でチョークアートを学び、 基礎コース、プロコースを修了。2017年にChalk Asobiを立ち上げ、飲食店やエステサロンなどの看板オーダー製作や、結婚式のウェルカムボード製作、自宅アトリエでのレッスンや出張ワークショップなど幅広く活動しています。

Chalk Asobiでは、学生時代大阪デザイナー専門学校で培った知識や技法をもとに、基本のチョークアートの知識も織り交ぜ、独自の技法によって手描きならでのタッチでそのものの持つ質感を鮮やかに描いています。 商業アートとしてだけではなく、心に残る結婚式のウェルカムボードや出産祝い、大事な家族の一員であるペットの似顔絵など、特別な1枚を心を込めて仕上げます。

チョークアートとは

チョークアートの発祥は、イギリスのパブ看板といわれています。イギリスからの移民と共にオーストラリアに渡り、 オーストラリアの看板職人によって、よりカラフルでアーティスティックな現在の形となりました。元々はチョークで 描かれていたものですが、耐久性や色のニーズによって、徐々にオイルパステルで描くことが主流となりました。

チョークアートとは、特殊な塗料を塗った黒板に消えない絵や文字を描くもので、その独特な質感と発色、 立体感から アイキャッチ効果が高いため集客力に繋がり、カフェやレストランの看板やメニューボードなどの商業アートとして利 用されたり、結婚式のウェルカムボードやインテリアなど様々な分野にも持ち込まれ広く認知されています。