チョークアートとは

チョークアートの発祥は、イギリスのパブ看板といわれています。イギリスからの移民と共にオーストラリアに渡り、 オーストラリアの看板職人によって、よりカラフルでアーティスティックな現在の形となりました。元々はチョークで 描かれていたものですが、耐久性や色のニーズによって、徐々にオイルパステルで描くことが主流となりました。

チョークアートとは、特殊な塗料を塗った黒板に消えない絵や文字を描くもので、その独特な質感と発色、 立体感から アイキャッチ効果が高いため集客力に繋がり、カフェやレストランの看板やメニューボードなどの商業アートとして利 用されたり、結婚式のウェルカムボードやインテリアなど様々な分野にも持ち込まれ広く認知されています。